HARKENとは④

2018/10/17(水)

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

Peterは、セーリング、スキー、カヌー、山岳部に入りました。

水と氷の両方を操るスポーツは彼が勉強する気を無くしました。

セーリング、スキー、女の子、そして他の非学問的な冒険に

父親からの支援金を浪費したので、 彼の父は

「自分でなんとかしろ、お前の遊びのためにお金を払うつもりはない。」

と叱って怒りました。

Peterは、半年の休学の代わりに

彼名義の50ドルを持ち、

愛犬、スキー板、壊れたスキー板、

30個ほどのピーナッツバター、ゼリーサンドイッチ

愛車に詰め込んだ。

ウィスコンシンへの帰ってきた後の彼の教育費を支払うために、

ギルソン・メディカル・エレクトロニクスでアルバイトをし、

E-Scowというヨットとアイスボートのために

自分のセーリング用ハードウェアを設計して組み立てました。

 

ヨットのが登場してきましたね。

ここからどうHARKENに繋がるのでしょうか。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

 

 

記事カテゴリー 未分類|クルージング|ハーケンオンラインショップ|ハーケンジャパンネットショップ|HARKEN