【HAWK】ディンギーセーラーに愛される小型の風見|ハーケンジャパンネットショップ|【Little HAWK Mk2】

2018/07/22(日)

ハーケンジャパン ネットショップ担当の岡畑です。

 

こんばんは。

 

 

風速や艇速を表すときによく使う単位、ノット(Knot)。

 

 

自分でも普通に口にしていましたが、

時速に換算するといくらなの知らないまま使っていました。

 

 

クルージングをした際、

メーターにノットで表示されたものを見てボソッと…

 

 

「ノットって時速に簡単に直せたら分かりやすいのにな」

 

 

と言ったところ、

ヨットに詳しい方から

 

 

「ノットに1.852をかけるんだよ!!常識だろ!!」

 

 

と言われました。

 

 

ヨット界の常識を知らないまま

”ノット”を口にし続けるところでした。

 

 

その方にはとてもいいことを教えていただきました!

 

 

 

ノット × 1.852 = km/h  !!

 

 

 

※1.852は約1.852ですので正確な数値を出したい方は

もう少し細かい値を調べて下さい。

 

少しづつヨットの常識も覚えていきましょう!

 

そんなノットを表す身近なものは

やはり風速ですね!

 

そんな風を見るための器具を今回ご紹介します!!

 

 

Little HAWK Mk2

 

 

Little HAWK Mk2

 

 

 

この商品を作成している

HAWK  MARINE  PRODUCTSは

 

同じデザインとコンセプトと性能を

もとに風見を作成しています。

 

 

 

HAWKの風見は

 

低コスト、

軽量設定、

強固な構造と材料、

低摩擦ベアリング使用、

低慣性モーメント、

紫外線抵抗力あり、

 

 

この6つを実現しています。

 

 

 

Little HAWK Mk2は、

固定式の調整可能なブラケットを使用して

簡単に取り付けられ、取り外されます。

 

 

マスト前のグースネックの高さで装着してください。

 

 

 

小型のディンギー用に設計されたこの商品は

マストの上部を見ることなく、

風の方向を素早く正確に参照することができます。

 

 

 

 風上だけでなく風下の風を見るにも最適です。

 

 

 

アルミニウムの棒は、

任意の必要な角度に曲げることができます。

 

 

 

Little HAWK Mk2、ホッパーとレーザーのセーラーに非常に人気があります。

 

 

 

 

 

まだ風向を完全に把握しきれない方にはぜひおすすめです!

 

 

風向が感覚的にわかる方でも

ド微風の際に助けてくれるかもしれません!!

 

 

 

➢商品ご購入はこちらから

 

 

 

 

 

ハーケンジャパン株式会社

https://harkenjapan.com/

 

 

 

 

 

 

 

記事カテゴリー HAWK|ハーケンジャパンネットショップ