HARKEN新商品!① グリップ力が1.5倍のチタンラチェットブロックの性能とは?【57mm Carbo Ratchamatic Block - 1.5 x Grip No.2165】

2018/02/06(火)

ハーケンジャパンネットショップ担当の岡畑です。

こんばんは。

 

 

知り合いの方にバーに連れていってもらった時に、

ヨット関係の方と話ができ、ヨットへの意欲が高まっています。

 

 

私はディンギー乗りですが、

 

ディンギーだけがヨットではないので

クルーザーもぜひ乗ってほしい

 

という話をしていただき、

大学卒業後はクルーザーにも乗ってみたいですね。

 

 

 

さて、HARKENから新商品が発売されました。

 

 

 

ラチェマティックブロックの

チタニウム(チタン)ブロックです!

 

2166

 

 

チタニウムという名前ですが、

シーブの材質がチタンというわけではなく

シーブのカラーがチタニウムなので

そう呼ばれています。

 

 

 

そのシーブのカラーで性能の違う

3種類のブロックが発売されました!

 

 

 

 

色は、ブラック、チタン、シルバー

の3色があり、

それぞれに適した風のコンディションがあり

用途が変わってきます。

 

 

 

 

チタンブロックはハーケンの

標準的なブロックよりも

1.5倍の保持力を持っている、

15:1のラチェットになります。

 

 

(150ポンドの力がかかるときに、10ポンドの力しか必要ありません)

 

 

なので、

ラチェットを活用しない時に比べて、

6%の力でシートを引けばいいことになります。

 

 

 

これはブロックを横から見た図ですが、

今までのブラックブロックは

シーブが8角形でしたが、

 

 

 

 

 

チタンブロックは

60角形もの

多面的なシーブの形をしています!

 

 

 

いままでよりもガッチリと

シートをつかんでくれそうですね!

 

 

 

チタンブロックは3種類発売されています。

 

 

 

57mm Carbo Ratchamatic Block – 1.5 x Grip No.2165

 

こちら商品、Ratchamatic®ブロックは、

シーブにかかる負荷が低いときは、

両方向に自由に転がり、

 

負荷が高いときは、

ラチェットが自動的にかみ合い

15:1の力でのトリムが可能になる、

 

荷重検知ラチェットブロックです。

 

 

 

ラチェットモードとライトモードの

切り替えはシームレスで、

 

ラチェットが効いているときに

負荷が減少すると、

 

 

ライトモードに自動的に切り替わり

シーブが自由に回転します。

 

 

 

 

ラチェットのモードの切り替わる荷重は

調節することができます。

 

 

 

六角レンチで以下の画像の通りネジを回すことで調節できます。

 

 

時計周りに回すことで

より重い荷重に向いたラチェット稼働になり

 

 

半時計周りに回すと

軽い荷重に向いたラチェット稼働になります。

 

 

☞商品ご購入はこちら

 

 

 

ハーケンから今後発売される

新商品もチェックしてください!

 

☞新商品第2弾のご紹介はこちら!

 

ハーケンジャパン株式会社

https://harkenjapan.com

 

 

記事カテゴリー ハーケンジャパンネットショップ|HARKEN