2つのポイントから見る!安全なセーリングのススメ

Pocket

64347a162f06c77471464b0de226c7b4_m

ハーケンジャパンネットショップの岡畑です。

こんばんは。

 

 

 

今回はセーリングの安全についてお話します。

 

 

 

毎年セーリングの事故で

亡くなる方がいますが

 

明日は我が身と考えて安全に

セーリングを行いたいですね!

 

 

 

スポーツ全体に言える事なのですが

自然を相手にするスポーツ

 

だからこそ

安全ということは

外せない要因ですよね。

 

 

 

ヨットの安全というと

様々要因を

確保しないといけませんね。

 

 

 

1つ目は自分自身や乗員の身の安全です!

 

 

季節の変わり目の今、

暖かくなり始めていますが

 

風速2ktsにつき

体感気温が1℃さがるらしいので

 

強風が予想される日には

まだまだ厚着をしないといけません。

 

 

 

セーリングギアで何を着るか困っている方には

ハーケンジャパン一押しの

 

Imhoff製のセーリングジャケット&サロペット

がおすすめです!

 

 

☞[関連記事]VPR-20採用!セーリングジャケットはこちら

 

 

 

☞[関連記事]オフショア仕様のセーリングサロペットはこちら

 

 

 

さらに落水した可能性を考えて

ライフジャケットは

必ず着用してください。

 

 

 

ハーケンジャパンでは

Baltic製品のライフジャケットを

多く取り揃えています。

 

 

 

☞[関連商品]ライフジャケットはこちら

 

 

 

乗員の安全を確保したら

2つ目は艇の安全ですね!

 

 

 

ウィンチなどを一度分解して

部品が壊れていないか、

劣化してないかを

確認してください。

 

 

 

その後部品を交換したり

パーツにグリース(潤滑油)を

塗ったりして整備を行います。

 

 

 

☞部品交換用のサービスキットはこちら

 

 

ハイパフォーマンスウィンチグリース-ホワイト No.BK4513☞パーツに塗るグリースはこちら

 

 

 

特にグリースは塗ることで

パーツの摩耗が減るため

部品が長持ちしますよ!

 

 

 

皆さんのセーリング、今年も自己なくお楽しみください!

 

 

 

本日のまとめ!


・安全にセーリングを楽しむために2つのチェックポイント

 

・自分のセーリングギアを見直そう

 

・艇の部品を分解・整備しよう

 

 

 

以上本日のハーケンジャパンネットショップブログでした!

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

 

ハーケンジャパン株式会社

https://harkenjapan.com/