HARKEN⑯

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きたいと思います。

デザイナーのアンドレ·コーヌは、米国はフランスよりずっと大きいため、年間5000隻のボートを保証したいと発表しました。 ピーターは、米国市場はそれほど大きくなく、コーヌ州はその数を年間2000船に減らしたと説明しました。 ピーターは、一隻のボートも約束できないが、一生懸命に働いて全力を尽くすと言いました。 ヴァンガードは最初の年に350隻の船を建造し、米国市場にとって素晴らしい数となりました。

 

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKEN⑮

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

大学ディンギーの成功と

成長するブロック商品の国際的な人気により、

ハーケン/ヴァンガードは1971年に

ウィスコンシン州ペウォーキーの

より大きな建物にすぐに移動しました。

お金を支払うために、彼らはより多くのボートを

製造する必要があり、

International470を作るために米国に権利を

申請してみることにしました。

彼らは、片手で高性能なtrapezeディンギーが

1976年にオリンピッククラスになるのではないかと疑った

(それはそうなり、今でもまだなっています)。

 

 

HARKEN社のブロックがどんどん売れてきたのですね、、、

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/