カテゴリー別アーカイブ: システム図鑑

小型ディンギー「レーザー級」のブームバングシステム

 yuki

 

ハーケンジャパンネットショップ担当の岡畑です。

こんばんは。

 

 

今年は寒波が到達しており

まだまだ寒い日が続きますね。

 

雪が降る日もあり海からも

遠ざかってしまいがちです・・・

 

 

 

私もJ/24などのヨットに

乗りたいとおもっているのですが

 

連日の寒波によりヨットに

乗るのは暖かくなってからで

いいかなと思っています((+_+))

 

 

 

しかしそんな寒い中でも

近くのハーバーから小型ディンギーが

出艇していくのを見ました!

 

 

 

こんな寒い中でも

1人乗りのレーザー級などの艇なら

自分のモチベーション1つで乗れますね!

 

 

 

今回はそんな

レーザーレーザーラジアルなどの

レーザー級やシーホッパー級などの小型ディンギー

そんなレーザー級の

バングシステムを解説していきます!

 

 

 

 

レーザー級とは?


 

しかしまずは、

バングシステムをご紹介する前に

 

レーザー級というのは

どんな艇種なのかをご紹介しましょう。

 

 

 

レーザー級とは1人乗りのディンギーで

キャットリグという

1本のマストと1枚のセールのみでものです。

 

 

 

同じレーザー級のものでも種類が3種類あります。

 

 

クラス分けは帆の大きさによりされています。

 

 

 

帆のサイズが標準サイズのレーザー級、

 

レーザー級を一回り小さくして

女子やユースなどにも乗りやすい

 

レーザーラジアル級、

 

帆のサイズが4.70平方メートルな

レーザー4.7級の3種類です。

 

 

 

 

ブームバングシステム「4:1 V-jam」


 

 

図記号 品種 Small Boat
Part
Midrange
Part 
Big Boat
Part
A Double 226  —  —
B Fiddle 245  —  —

 

 

この4:1V-jamのバングシステムは、

小型なディンギーで使われるシンプルな

セルフクリートバングです。

 

 

 

Vジャムブロックを使用することから

このシステムの名前が付けられています。

 

 

 

4:1のシステムなのでバングにかかる

4分の1の力で引くことができます。

 

 

 

 

 

「マイクロ ダブル No.226」


 

バングシステムの図のAのブロックは

シート(紐)を通す場所が2か所ある

ダブルブロックです。

 

 

 

226_MAIN

 マイクロ ダブル No.226

 

 

 

[商品詳細]
●シーブ径:22mm

●全長:51mm

●重量:43g

●適合最大ロープ径:6mm

●最大稼働荷重:159kg

●破断荷重:544kg

 

 

 

 

「マイクロ Vジャム ベケット No.245」


 

バングシステムの図のBのブロックは

フィドルブロックです。

 

 

 

245_MAIN

 

 

マイクロ Vジャム ベケット No.245

 

 

 

[商品詳細]
●シーブ径:22mm

●全長:102mm

●重量:57g

●シャックルピン径:5mm

●適合最大ロープ径:6mm

●最大稼働荷重:159kg

●破断荷重:544kg

 

 

 

適合最大ロープ径は6mmなので

通すシートは6mm以下のものをお使い下さい。

 

 

 

カムマティック カムクリート No.150

 

 

セルフカムクリートなので

↑のようなNo.150カムクリートのような

バネの力でシートを固定するカムと違い

 

画像のV字の切り込みのところに

シートをかませることで

シートが出なくなり固定できます。

 

 

 

フィドルブロックなので

ブロックの飛び出している先端で

 

シートをくくることにより

システムを作ることができます。

 

 

 

ブームバングシステムの使い方


 

マイクロダブルブロックと

ベケットブロックは

 

上図のようにシートを通して

バングシステムとして活用してください。

 

 

 

バングシステムを活用して

小型ディンギーを楽しく乗りましょう!

 

 

 

 

☞商品購入はこちらから

マイクロ ダブル No.226

マイクロ Vジャム ベケット No.245

商品名をクリック!

 

 

 

今後も艇種ごとのシステムを

ご紹介していきますので

次回もお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

ハーケンジャパン株式会社

https://harkenjapan.com/

スピネーカーシステムの必要な部品がわかるシステム図!|ハーケンジャパンネットショップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーケンジャパンネットショップ担当の岡畑です。

こんばんは。

 

 

今回はヨットのシステムをご紹介します。

 

スピネーカーがついている艇には必ず必要なスピーネカーシステム。

こちらをシステム図を見ながら必要な艤装品などをご確認ください。

 

 


Standard Sheets

 

28フィート(8.5 m)のマストヘッドリグと9.7 m(32フィート)のリグを使用すると、1対のラインを使用してトランサムでブロックを通すことが出来ます。 

 

スピネーカーシステムはスピネーカーのトリムを可能にします。

 

トリミングには、ポールを上げたり下げたり、ポールの外側端を前または後ろに移動したり、シートを引き込んだり緩めたりする3つの調整が必要です。

 

 

 

 

Diagram
Ref.
Description Small Boat
Part No.
Midrange
Part No.
Big Boat
Part No.
A Single 2636 2600  —
B Single 2637 2601  —
C Bullseye 339 237  —
D Single 340 2636  —
E Single 2146 2149  —
F Cam Cleat 468 150  —
G Single 2625 2660  —

 

 

スピンポールとつながる

図の”A”のブロックには次のブロックが使用されます。

 

40mm カーボブロック No.2636

 

 

 

57mmシングルブロック No.2600

 

57mmシングルブロック No.2600

 

 

 

40mmブロックは22フィートから28フィート

57mmブロックは29フィートから34フィートの

船にお乗りの方におススメです!

 

ブロックを通すシートは最大10mmまで適合しますので

ある程度幅のあるシートから細いシートまで

お使いいただけると思います。

 

カーボエアブロックは軽量で、

強く、信頼性が高く、

そして手頃な価格でお求めいただけます。

 

人気のあるHarkenのMagicブロックラインに

匹敵するこれらの小型で

コンパクトなブロックは、

作業負荷が非常に高く、

安全で簡単にトリミングできます。

 

 

Bのブロック

40mm カーボブロック ベケット No.2637

 

40mm カーボブロック ベケット No.2637

 

 

57mmシングルベケット No.2601

 

57mmシングルベケット No.2601

 

 

40mmブロックは22フィートから28フィート、

57mmブロックは29フィートから34フィートの

艇にお乗りの方におススメです!

 

 

 

ハーケンジャパン株式会社

https://harkenjapan.com/

メインシートシステム①

ハーケンジャパンネットショップ担当の岡畑です。

こんにちは。

 

今回ご紹介するのはメインシートシステムです!

 

メインシートは、単純なハードウェアシステムですが

すべての艇に使用されており、最も重要なシステムです。

 

ヨットに1度でも乗ったことの

ある方には当然のことですが、

一番の動力となるメインセールにつながるシステムですね。

 


4:1 Fiddle

この4:1の滑車を使ったシステムは8.5m(28ft)以下の大きさの艇で使われる一般的なシステムです。

4:1fiddleシステムによりメインシートが直引きに比べて

4分の1の重さで引けます。

 

 

 

 

 

図記号 品種 Small Boat 
Part No.

Midrange 
Part No.

Big Boat 
Part No.
A Fiddle 2621 2690 1559
B Fiddle 2676 2697 1566

 


6:1 Reeved Right Angle

メインセイル 375 ft² (35 平方メートル) の艇で一般的に使われているシステムです。

 

 

 

図記号 品種 Small Boat 
Part No.
Midrange 
Part No.
Big Boat 
Part No.
A Triple 2604  2664 1546
B Triple 2141 2686 1556

 

 


8:1 Beachcat

この8:1のシステムは、ビーチキャッツで最大6m(20フィート)までのメインシートの高い負荷を処理できます。

Diagram 
Ref.
Multihulls 8′ – 14′ 
(2.4 – 4.3m)
15′ – 20′ 
(4.6 – 6m)
21′ – 30′ 
(6.4 – 9m)
A Quad 2654 2631 2677
B Triple 2619 2632 2687

 

 


4:1 Swivel Base

 

 リーチを締めるのを避けるために、トラックエンドがまがりくねっています。

 

Diagram 
Ref.
Description Small Boat 
Part No.
Midrange 
Part No.
Big Boat 
Part No.
A Single 2600 2660 1540
B Single 2601 2661 1541
C Single 2135 2670 1549
D Cam base 205 144 1574

 

 


4:1/16:1 Gross/Fine

この4:1/16:1システムにより、主なトリムは4:1が使用でき、精密なトリムは16:1を使用することができます。

 

 

 

Diagram
Ref.
Description Small Boat
Part No.
Midrange
Part No.
Big Boat
Part No.
A Single 2636 2600 2660
B Double 381 2642 2602
C Fiddle 2658 2676 2697
D Fiddle 2675 2696 1565

 

 


4:1/16:1 Double-ended Fine Tune

この4:1/16:1システムでは、シートの端をコックピット側に配置することができます。

これによりディンギーのように両端から16:1のトリムができます。

 

 

 

 

 

 

Diagram 
Ref.
Description Small Boat 
Part No.
Midrange 
Part No.
Big Boat 
Part No.
A Single 2636 2600 2660
B Single 2135 2135 1549
C Cam base 205 144 1574
D Double 342 2638 2602
E Single 349 2652 2600
F Cam cleat 471 471 150

 

 


6:1/24:1 Cascaded

 

この6:1:24:1システムは、275 ft²(25.5 m²)の大型ボートとエンドブームシートで使用されます。

 

 

 

 

 

 

Diagram 
Ref.
Description Small Boat 
Part No.
Midrange 
Part No.
Big Boat 
Part No.
A Triple 2640 2604 2664
B Triple 2617 2629 2685
C Double 2638 2638 2602
D Fiddle 2658 2658 2676

 

 

 

今なら、全てのシステムの解説も載っている

ハーケン全商品のカタログを無料でプレゼントしています。

☞カタログ請求ページはこちら

 

 

 

 

ハーケンジャパン株式会社

https://harkenjapan.com/