カテゴリー別アーカイブ: ハーケンオンラインショップ

今の状況を乗り越えましょう!

こんにちは。
ハーケンジャパン株式会社ブログ担当の村山です。今現在新型コロナウイルスが流行しておりオリンピックやセーリングレースなど様々な大会が中止または延期となっています。こういった非常事態だからこそ出来ることもあるはずです。この機会に船の状態をチェックしメンテナンスなどどうでしょうか?
また、新西宮ヨットハーバーのセンターハウスも一般の方々の出入りは禁止されていますが業者の方々やオーナー様は出入り出来ます。御用の際は充分に予防してお越し下さい。
最後になりましたがハーケンジャパン株式会社は通常営業しております。
皆様も手洗いやうがい、アルコール消毒などを充分に行い新型コロナウイルスにお気をつけてお過ごし下さい。
           ハーケンジャパン株式会社

HARKEN⑭

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

理解のある地元の銀行に貸してもらう少額の

ローンがあるからこそ成たつ

会社の成長と借入は、

新しいビジネスの代名詞でした。

ヴァンガードが10,000ドルを必要としたとき、

オラフ(会社の会計係)は、要求を通すには

銀行の取締役会からの承認が

必要だ言われました。

金融担当者は

黄色の法律用箋に書いてある

夢とマイナスがつまった手書きの文字、つまり

オラフの財務報告書を読んだ後、

混乱したが、首を縦に振って、

「OK、即座にお金を用意しよう」と言いました。

 

 

金融面での不安も無くなりました。

さらにHARKENは大きくなるのでしょうか。

気になりますね。

 

皆さん、今年もありがとうございました。

2020年もよろしくお願いします。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKEN⑬

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

ボート事業が忙しくなり、

ピーターとオラフは地元紙に広告を出し、

ガラス繊維ラミネーターの給与を

時給3ドルにしました。

ボブ・グラミンズとドン・マイケルソンは仕事に応募し、

ピーターとオラフにチームとして扱って欲しいこと、

それぞれ時給5ドルを望んでいると言いました。

彼らは、ピーターとオラフにかかった時間の半分で、

美しいフライングジュニア(ヨットの一種)をゼロから

ることで、

自分たちにお金をかける価値があることを証明しました。

「プラスチックファンタスティック」は、

高品質のフライングジュニアとバジャーテックのディンギーで

大学から高い評価を得ています。

ピーターとオラフがボート事業を売却するまで、

ドンはヴァンガードに留まりました。

 

技術者が現れました。どのように

発展していくか楽しみですね。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKEN⑫

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

Harkenは時代の先を行っていたわけですね、、

 

ビジネスは成長し、Harken / Vanguardは

秘書、簿記係、受付係、オフィスマネージャーが必要でした。

1人の応募者が広告に応募しました。

ローズ・ソレンセンはかわいくて、

学校は1日も休んだことがなく、

文字のつづり方を知っていました。

彼女はおそらく、今でもなお、

なぜ彼女が仕事を受け入れたのか考えることがあります。

ローズはいなくてはならない従業員になり、

2010年に退職するまで、

米国人事マネージャーと事業部長の役職を

務めました。

 

 

また、新しい人物が増え、どんどん会社らしくなってきました。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKEN⑪

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

1968年のオリンピックでスターとドラゴンで銅メダルをとった

ローウェルノースとバディフリードリヒに

これらの初期のブロックをいくつか売った。

One Design&Offshore Yachtsman(現在のSailing World)

の編集者である、ブルース・カービーは

ピーターとオラフに勝利についての広告を出させ、

カービーは、ハーケンブロックはブームの動きを

早くしたので危険だと述べた。

「これらの悪魔的な装置は、ハーケンボールベアリングブロック

と呼ばれています。そして私の意見では、

ヨットデザイナーがブロックを

シートで覆われたセールの下に

取り付けるのに相応しい速さのボートを

思いつくには何年もかかります。」

何人かの読者は彼が真剣だと思った。

その後の論争は非常に大きな宣伝となり、

ブロックビジネスが始まった。

 

ハーケンが時代の先を行っていたわけですね!

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

 

 

HARKENとは⑧

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

オフィスの雰囲気からスタートですね。

 

プラスチック製のポリエチレンシートが

オフィスをガラス繊維が置いてある場所や

組み立てエリアを分けていました。

窓に設置されたファンがチリや粉を吹き飛ばしました。

言うまでもなく、OSHA(国際的な安全や衛生を管理するセンター)

はびっくりさせられましたが、

驚くべきことにピーターらを違反とはしませんでした。

マーケティングは

ピーターが一晩中働き、

オラフが古いシボレーワゴンの後部座席で

会社のパンフレットをタイプして作ること

で動かしていました。

その初年度彼らは3,800ドル売り上げました。

 

 

次回、ハーケン社が誇るブロックが登場します!

お楽しみに、、

 

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKENとは④

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

Peterは、セーリング、スキー、カヌー、山岳部に入りました。

水と氷の両方を操るスポーツは彼が勉強する気を無くしました。

セーリング、スキー、女の子、そして他の非学問的な冒険に

父親からの支援金を浪費したので、 彼の父は

「自分でなんとかしろ、お前の遊びのためにお金を払うつもりはない。」

と叱って怒りました。

Peterは、半年の休学の代わりに

彼名義の50ドルを持ち、

愛犬、スキー板、壊れたスキー板、

30個ほどのピーナッツバター、ゼリーサンドイッチ

愛車に詰め込んだ。

ウィスコンシンへの帰ってきた後の彼の教育費を支払うために、

ギルソン・メディカル・エレクトロニクスでアルバイトをし、

E-Scowというヨットとアイスボートのために

自分のセーリング用ハードウェアを設計して組み立てました。

 

ヨットのが登場してきましたね。

ここからどうHARKENに繋がるのでしょうか。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

 

 

HARKENとは③

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

家族四人はイリノイ州ピオリアを旅し、その後は

ニューヨークのラーチモントに数年間住んでいました。

その後、Joeはフィリピンに移り住むことを提案し、

そこでは戦争で破れて酷くダメージを受けた国の再建に

使用される大型の土木機器を開発して供給しました。

PeterとOlafはフィリピンで学校生活をしていたが、

アメリカの大学に留学するまでマニラの

アメリカンインターナショナルスクールに通っていました

Olafはジョージアにあるジョージア工科大学で

農業工業技術を専攻してました。

Peterはウィスコンシン州のウィスコンシン大学に入学し、

始めは工業技術、最終的には国際経済学を卒業しました。

、、、次回に続きます。

 

ここから、二人の兄弟がどうやってHARKENを

創っていくのかが楽しみですね。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

 

 

HARKENとは②

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書いていきます。

 

PeterとOlaf Harkenは第二次世界大戦中にインドネシアで

オランダ人とスウェーデン人の両親から生まれました。

1941年、日本はインドネシアを攻撃し、

夜間の爆撃の間、PeterとOlafと彼らの母親は

ボルネオ島に逃げました。

彼らの父親であるJoeは、非常に小さなオランダ軍で

捕虜になるまで戦いました。

Joeは5年間投獄され、戦争が終わるまで開放されませんでした。

その間、三人はボルネオ島で最初生きていたが、

その後一年後はニュージーランドに、

そして最後、1944年サンフランシスコにたどり着きました。

戦争が終わった1946年、彼らは奇跡的に父親と

再開することができました。

、、、次回に続きます。

 

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKENとは①

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

このブログでHARKENとはなにかを

書いていこうと思います。

少しでもHARKENのことを分かっていただき、

HARKENの商品に愛着を持っていただけると幸いです。

 

HARKENが、ここまで大きくなったのはPeterとOlaf Harkenの

二人の功績によるものです。

この兄弟二人がビジネスを始める前の初期に

裏庭で語った夢が、様々な会社や協力者の力添えのもと、

現実になり、世界的にまでなりました。

ハーケンの製品はブロックやトラベラー、

ウインチなどがディンギーから大きなクルーザー

ヨットまで幅広く使われ、

アメリカズカップやボルボオーシャンレース、そして

オリンピックと様々な大会やイベントで

利用されるまでになりました。

しかし、ここまでくるには、数々の困難がありました。

、、、次回に続きます。

 

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

https://harkenjapan.com/