カテゴリー別アーカイブ: セーリング

大学生支援

こんにちは、ハーケンジャパン株式会社スタッフの村橋です。緊急事態宣言による様々な規制が緩和され外出も少しずつ増えてきた頃だと思います。
様々なセーリングのレースが中止、または延期される中、日頃アルバイトで生活費や部活動費用を捻出している学生のために日本セーリング連盟(JSAF)が大学生が安心してセーリング活動を続けられるように、また活動再開の際に少しでも費用負担を減らすべく大学生の2020年度年会費支払を免除することになりました。我々ハーケンジャパン株式会社も賛同し、多くの学生が今までと変わらぬようセーリング活動に励めればと考え、寄付いたしました。練習ができず辛い事が多いと思いますが、こういった時こそ手と手を取り合って協力していきましょう!
最後になりますがハーケンジャパン株式会社は通常営業中です。皆さまも外出の際はマスクやアルコール消毒などを行い十分に気をつけてお越し下さい。
        ハーケンジャパン株式会社

今の状況を乗り越えましょう!

こんにちは。
ハーケンジャパン株式会社ブログ担当の村山です。今現在新型コロナウイルスが流行しておりオリンピックやセーリングレースなど様々な大会が中止または延期となっています。こういった非常事態だからこそ出来ることもあるはずです。この機会に船の状態をチェックしメンテナンスなどどうでしょうか?
また、新西宮ヨットハーバーのセンターハウスも一般の方々の出入りは禁止されていますが業者の方々やオーナー様は出入り出来ます。御用の際は充分に予防してお越し下さい。
最後になりましたがハーケンジャパン株式会社は通常営業しております。
皆様も手洗いやうがい、アルコール消毒などを充分に行い新型コロナウイルスにお気をつけてお過ごし下さい。
           ハーケンジャパン株式会社

HARKEN⑮

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

大学ディンギーの成功と

成長するブロック商品の国際的な人気により、

ハーケン/ヴァンガードは1971年に

ウィスコンシン州ペウォーキーの

より大きな建物にすぐに移動しました。

お金を支払うために、彼らはより多くのボートを

製造する必要があり、

International470を作るために米国に権利を

申請してみることにしました。

彼らは、片手で高性能なtrapezeディンギーが

1976年にオリンピッククラスになるのではないかと疑った

(それはそうなり、今でもまだなっています)。

 

 

HARKEN社のブロックがどんどん売れてきたのですね、、、

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

 

 

 

HARKEN⑫

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

Harkenは時代の先を行っていたわけですね、、

 

ビジネスは成長し、Harken / Vanguardは

秘書、簿記係、受付係、オフィスマネージャーが必要でした。

1人の応募者が広告に応募しました。

ローズ・ソレンセンはかわいくて、

学校は1日も休んだことがなく、

文字のつづり方を知っていました。

彼女はおそらく、今でもなお、

なぜ彼女が仕事を受け入れたのか考えることがあります。

ローズはいなくてはならない従業員になり、

2010年に退職するまで、

米国人事マネージャーと事業部長の役職を

務めました。

 

 

また、新しい人物が増え、どんどん会社らしくなってきました。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKEN⑪

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

1968年のオリンピックでスターとドラゴンで銅メダルをとった

ローウェルノースとバディフリードリヒに

これらの初期のブロックをいくつか売った。

One Design&Offshore Yachtsman(現在のSailing World)

の編集者である、ブルース・カービーは

ピーターとオラフに勝利についての広告を出させ、

カービーは、ハーケンブロックはブームの動きを

早くしたので危険だと述べた。

「これらの悪魔的な装置は、ハーケンボールベアリングブロック

と呼ばれています。そして私の意見では、

ヨットデザイナーがブロックを

シートで覆われたセールの下に

取り付けるのに相応しい速さのボートを

思いつくには何年もかかります。」

何人かの読者は彼が真剣だと思った。

その後の論争は非常に大きな宣伝となり、

ブロックビジネスが始まった。

 

ハーケンが時代の先を行っていたわけですね!

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

 

 

梅雨入り...

こんにちは

HARKENネットショップ担当の寺です。

皆さん、ヨットライフはいかがお過ごしですか。

夏にむけどんどん暑くなり、

ヨットが楽しくなってくる一方で、

梅雨入りということで少し

気分がじめっとしてきますね。

そんな気分を吹き飛ばすアッと驚く

商品を紹介したいと思います。

ウインチのように見えてウインチではない!?

スナブエアー

h1300-harken-snubair

このスナブエアーは一見、ウインチのように見え、

そしてウインチのように

デッキに取り付けて使いますが、

ウインチではありません。

これはラチェットブロックです。

素晴らしい点はそのパワーで、

ラインを扱う際に、しっかりとホールドしてくれます。

ゼネカーやスピネーカーを扱う際にも

大活躍します!

さらにパワーが欲しい場合は、

二回シートを巻きつけるか、

アダプター付きのウインチハンドルを

使うこともできます。

今後、ヨット界で活躍する存在になること

可能性大です!

気になった方や詳しい質問は

下の方へお問い合わせください。

 

HARKENジャパン株式会社

http://www.harkenjpn.com/

 

 

 

 

 

HARKEN⑨

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

ついに、ブロックを売り出す時が、、?

 

ピーターとオラフは彼らの手作りの

ボールブロックを忘れてはいませんでした。

意図しないことで、

二人はブロックを古いタバコの箱に入れ、

それらをゲィリーに見せました。

ゲィリーは、古い友人で、

マリン通販販売をしていました。

ゲィリーは「僕のカタログに載せるから、

ブロックを作ってよ」と言いました。

また、バンガードよりハーケンの下で

ブロックを売っていくのを提案しました。

なぜなら、ボートメーカーは

ボートを作る人顔負けの

ネームバリューのあるハードウェアを

求めていなかったからです。

 

 

とうとう、ハーケン社のブロックが

世に出るきっかけが出てきましたね。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKENとは⑧

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

オフィスの雰囲気からスタートですね。

 

プラスチック製のポリエチレンシートが

オフィスをガラス繊維が置いてある場所や

組み立てエリアを分けていました。

窓に設置されたファンがチリや粉を吹き飛ばしました。

言うまでもなく、OSHA(国際的な安全や衛生を管理するセンター)

はびっくりさせられましたが、

驚くべきことにピーターらを違反とはしませんでした。

マーケティングは

ピーターが一晩中働き、

オラフが古いシボレーワゴンの後部座席で

会社のパンフレットをタイプして作ること

で動かしていました。

その初年度彼らは3,800ドル売り上げました。

 

 

次回、ハーケン社が誇るブロックが登場します!

お楽しみに、、

 

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKENとは⑥

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

ジョージア工科大学の一年生時代、

オラフもまた、休暇中にウィスコンシンに

駆けつけて、ピーターを助け

彼が楽しんでいたこと見たりして

彼もまた、父親のお金を浪費しました。

卒業後、オラフは北太平洋の駆逐艦の将校としてで3年半の間、

海軍に従事しました。

彼の船はベトナム紛争の最初の戦闘船の一つでした。

1967年に彼が帰ったとき、兄弟たちと数人の友人たちは

Scandaと呼ばれる、

ヨットをを造ったり、セールを作ったり、ブロックを作る

仕事を始めました。

しかし、セーリング界は彼らの商品を使わず、

Scandaはたった一人の社長のピーターだけ残されてしまいました。

 

逆風に立たされていますね、、

今後、どうなるのでしょうか。

 

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/

HARKENとは③

こんにちは。

ハーケンジャパン株式会社の猪上忠彦です。

前回の続きを書きます。

 

家族四人はイリノイ州ピオリアを旅し、その後は

ニューヨークのラーチモントに数年間住んでいました。

その後、Joeはフィリピンに移り住むことを提案し、

そこでは戦争で破れて酷くダメージを受けた国の再建に

使用される大型の土木機器を開発して供給しました。

PeterとOlafはフィリピンで学校生活をしていたが、

アメリカの大学に留学するまでマニラの

アメリカンインターナショナルスクールに通っていました

Olafはジョージアにあるジョージア工科大学で

農業工業技術を専攻してました。

Peterはウィスコンシン州のウィスコンシン大学に入学し、

始めは工業技術、最終的には国際経済学を卒業しました。

、、、次回に続きます。

 

ここから、二人の兄弟がどうやってHARKENを

創っていくのかが楽しみですね。

HARKENの歴史や特徴などを

伝えていきたいと思います。

ハーケンジャパン株式会社

http://harkenjapan.com/